Journal ウィークリー・マンスリーマンションのお役立ち記事    

長期出張と転勤の違いとは?必要な持ち物ストレス発散方法まで完全ガイド

公開日:  最終更新日:2020/03/12

長期出張を指示されたが、転勤とどう違うの?初めてで何から準備していいか分からないとお困りの方も多いはずです。

この記事は、長期出張でウィークリーマンションに半年間の滞在経験がある筆者が、初めての方も使える総合ガイドとして書きました。長期出張に関する基礎知識、必要な持ち物、つらくなった時のストレス発散方法をご紹介します。

長期出張とは?

「長期出張」とは、長期間に渡って自分が所属する勤務地とは別の場所で勤務することです。

長期出張と通常(短期)出張の違い

長期出張と通常(短期)出張とを明確に区別する定義はありません。会社によって出張の多さや頻度が異なるため、自ずと便宜的に解釈されているのが実情です。

一般的には、期間が数週間~数ヶ月に渡る場合に長期出張となるようです。会社によっても異なると思いますので、ご自身の会社の社内規定を確認してみましょう。

長期出張と転勤の違い

端的に言えば、自分の所属する勤務地や部署、上司が変わるかどうかで区別され、待遇面や住まいにも違いがあります。

長期出張は、本社勤務の人が地方にある支店に応援業務などで一定期間赴く場合になります。この場合は、直属の上司や自分の肩書は変わりません。金銭的な補助としては、社内の旅費規定に基づいて手当(日当)が支給されます。

金額は職能・職位によって異なるのが一般的です。住まいはウィークリーマンションやマンスリーマンション、ビジネスホテルを利用します。 一方、転勤の場合は、勤務先、直属の上司、自分の肩書が変わります。赴任手当として、引っ越し費用、現地までの交通費、その他転勤先での生活品を購入するための費用を支給されるのが一般的です。

また家賃補助がある場合が多く、その金額は、独身か扶養家族があるか、単身赴任か家族帯同かによって変わります。住まいは一般賃貸を利用します。なお問題になるのが、単身赴任者の「帰省費用」が認められるかどうかです。これは会社によってまちまちですが、認められている場合には、ひと月に1回若しくは2回の交通費が支給されるケースが多いようです。

【長期出張と転勤まとめ】

出張である以上、あまりたくさんの荷物を持っていくわけにはいかないでしょう。宿泊先がホテルかウイークリーマンションやマンスリーマンションかでも荷物が異なります。

 長期出張に必要な持ち物リスト

仕事に
必要なもの
スマホ・充電器・パソコン・Wi-Fiルーター
時計
名刺
筆記用具
業務用資料
スーツ・ネクタイ・ワイシャツ・靴下・下着/作業着等
日用品サンダル・スニーカー
カジュアルウェア
財布・小銭入れ・クレジットカード
保険証・免許証
シャンプー・ボディーソープ・洗顔剤・ひげそり用カミソリ・化粧水・歯ブラシ
あると
便利なもの
常備薬・絆創膏
折りたたみハンガーと洗濯ロープ
爪切り・整髪料
折りたたみ傘
本・雑誌・携帯ゲーム

荷物多いのが嫌な人はこの方法で!

荷物を減らすと荷造りが楽ですし、何より移動で疲れません。飛行機に乗る際にも機内に持ち込むことができます。 荷物を減らすために、以下の点を検討しましょう。

・滞在先の設備を事前にチェックして、要らないものは持って行かない。
・日用品に関しては現地で調達する
・大きな荷物は配達してもらう 
・本や雑誌はスマホで読む

ホテルやウィークリーマンションには、思っている以上に備品が用意されているものです。シャンプー、ボディーソープ、カミソリなどは用意されている場合も多いでしょう。
少々割高なのが難点ですが、コンビニでも日用品が手に入るので現地で調達することで荷物を減らせます。

割高なコンビニに比べておすすめなのが、ドラッグストアです。都心ではドラッグストアというと薬品と日用雑貨品の扱いがメインですが、地方の場合は規模や品ぞろえがスーパーマーケットと変わらないところもあります。値段もかなり割安です。

また宅急便で荷物を送ってしまうのも上手なやり方です。ホテルなら受け取りの心配もありませんし、ウィークリーマンションでも最近は宅配ボックスが備えつけられているケースが多いです。そうでない場合も、コンビニでの受け取りなどの工夫をすれば問題ないでしょう。
本や雑誌は意外とかさばって重いので、荷物を減らすために電子書籍を選ぶのもおすすめです。

長期出張つらい…ストレス溜まる…そんな時の対処法は?

いざ出張に行ったけれども、見知らぬ土地、慣れない職場で疲れが溜まり、つらいと感じることが多いと思います。短期なら気楽な出張も、長期になると事情が変わります。ストレスが溜まると仕事もうまくいかなくなってしまいます。

ストレスをゼロにすることはできなくても、軽減することはできます。出張とはいえ、少しは遊びの要素も取り入れてみましょう。出張を楽しんでやろうというぐらいのプラス思考でいることが大事です。

 食べ歩きしてストレスを発散する

食べるのが好きな人におすすめです。日本は地方独自の食文化があります。テレビや雑誌で取りあげられているのはそのうちのごく一部なので、現地に行って初めて分かることもたくさんあります。勤務先やホテルの人に地元の名物や有名店を尋ねるといい情報を手に入れることができるでしょう。

また現地を散策しておいしいお店を見つけるのもいいですね。
お酒が好きな人は、地酒を取り揃えている居酒屋がおすすめです。またラーメンはその地方によってそれぞれの特色があります。ラーメンが好きな人は楽しみが増えるでしょう。

 近場へ日帰り旅行に行く

観光名所や温泉が好きな人におすすめです。
出張先近くの有名な山や神社、秘湯・名湯を電車やレンタカーでめぐれば、心身共に癒されること間違いなしです。

普段であれば長期旅行でしか行けないような場所でも、出張先近くに名所があれば、気軽に観光できますね。

 釣り・ゴルフ・ダイビング・スキー

アウトドア志向の人におすすめです。夢中になって体を動かすと、仕事のことを全て忘れることができますし、心地よい疲労によって快眠ができます。休み明けからまた元気に仕事に取り組めるでしょう。

またスポーツクラブに通っている人は、全国展開しているところもあるので、自分が所属している店舗以外でも利用できる場合があります。
同じスポーツクラブでも違う店舗だと、普段と違う雰囲気で意外と面白いものです。

 居酒屋やスナックなど行きつけのお店をつくる

話すことでストレスの解消できる人におすすめです。お店の人や常連さんと知り合いになって話をしたり聞いてもらったり、職場以外の人と話すのもいい気分転換になるでしょう。知り合いが少ない慣れない地でも、こういった場で意外な出会いがあるかもしれません。

 家族を呼ぶ

出張先の近くに、観光名所やテーマパークがあれば家族を呼ぶのもおすすめです。
できれば連休をとって、一緒にいる時間を多く確保しましょう。家族が帰ったあとは寂しくなるかもしれませんが、次に会えるのを楽しみに仕事を頑張れます。

 思い切って休日に地元に帰る

もし出張先があなたの地元からそう遠くないのなら、週末に思い切って帰るのもいいでしょう。友人、家族、恋人と過ごすのは何よりのストレス解消です。

長期出張にはマンスリーマンションがおすすめ!

長期出張では、一般賃貸やホテルよりマンスリーマンションの利用をおすすめします。
マンスリーマンションであれば、家具・家電付きで自炊もしやすく、普段自分が家で過ごしている感覚と近い環境で過ごすことができます。また一般賃貸の場合に必要な、家具や家電を揃えたり引っ越したりする手間や費用も抑えられます。

ホテルを利用する場合、狭い空間で設備も限られ、食事もコンビニ弁当や外食が多くなりがちですが、調理器具が十分に揃っているマンスリーマンションを選べば、自分で好きなものを作って自炊ができます。

また狭い空間になりがちなホテルはなんとなく圧迫感を感じてしまいますが、ベランダがあるマンスリーマンションを選べば、天気のいい日は窓を全開にして外の空気を吸いに出ることができます。気分は全然違うでしょう。

ホテルでは洗濯機は共用となるので、洗濯をする時は、終わったころを見計らって、洗濯物を取りに行かなければならないので落ち着けません。家具・家電付きのマンスリーマンションであれば、室内に洗濯機があるのでそのような心配もありませんね。

契約・機能の比較

マンスリーマンション 通常の一般賃貸 ホテルの長期滞在
予約や
契約
インターネットや郵送 店舗へ来店
(連帯保証人が必要)
インターネットや電話
物件(部屋)見学 物件による 可能 不可
契約書 定期建物賃貸借契約書
(建物一時使用賃貸借契約書)
賃貸借契約書 なし
契約の
条件
滞在が30日以上~ 入居者 か契約者、または連帯保証人に賃料 の支払い能力がある 特になし
(ホテルによっては、前払いの場合あり)
初期費用 なし
(一時金が必要な場合も)
敷金・礼金 なし
炊事自炊できる 。IHやガスなどが整備されている。自炊できる。IHやガスなどが整備されている。自炊できない。外食で、ホテルのレストランや近くの飲食店、コンビニなどを利用。
洗濯洗濯機あり。ない場合も建物にコインランドリーがあることが多い。洗濯はできるが、洗濯機は自分で購入する必要あり。ホテルのランドリーサービスやコインランドリーを利用。
家具
家電/
アメニティ/
調理器具
家具家電あり。アメニティ用品と調理器具は不動産管理会社 による 。全て、買い揃える必要あり。調理器具以外あり。

まとめ

長期出張は、仕事からプライベートまで環境がガラリと変わります。そのため常に緊張状態に置かれストレスや疲れを溜め込みがちです。

そういった状態を少しでも軽減できるように、マンスリーマンションを選択するなど住居環境の準備にも気を付けましょう。それ以外にも、何か楽しめるものを見つけたりしてストレスをこまめに発散することが大事です。

私が実際に長期出張でウィークリーマンションを利用した際は、必要なものは全てそろっており、衣類と仕事に必要なものだけ持っていけば十分で、室内も清潔、快適そのものでした。
食事については、平日は栄養が偏らないようにするため極力自炊をしましたが、休日は外食と割り切りました。

ちなみに、出張先は名古屋だったので、あんかけスパや味噌煮込みうどんなどの「名古屋めし」を大いに楽しみました。さらに、伊勢神宮や飛騨高山への観光もいい思い出になっています。このように近場への日帰り旅行もストレス解消になりますので、おすすめです。

長期出張を楽しめるようになるくらい、事前準備をしっかりして現地に向かいましょう。

ウィークリーマンションをご検討の方はこちらまで
Weekly & Monthly
家具家電付き・敷金礼金・仲介料無料多数!
家具・家電付きマンションに
期間を自由に選んで暮らすならWeekly&Monthlyへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket