Journal ウィークリー・マンスリーマンションのお役立ち記事    

【初めての】マンスリーマンション探し方完全ガイド&失敗しないコツ~格安&こだわり条件で見つけるには

公開日:  最終更新日:2020/09/04

家具付きのところも多く、少ない荷物ですぐに新生活を始められるのが魅力のマンスリーマンション。初めて探す方はどうやって探したらいいか不安になる人もいるかもしれません。予算やこだわりに合わせて探すこともできますので、それらも踏まえ、居心地のいいマンスリーマンションの探し方を解説していきます。

マンスリーマンション探しが一般賃貸と違うところ

マンスリーマンションの物件探しは、一般賃貸とは違う点がいくつかあります。ここでは相違点と共に、部屋探しが失敗に終わらないようにするコツをご紹介します。

失敗しないためのコツと注意点5カ条

1) 内覧不可の物件が多いので、間取り、写真、立地でしっかり選ぶ
2) 地域の不動産屋より専門サイトで探す方が早い
3) 付いている家具・家電を必ず確認する
4) 初期費用を必ず確認する
5) 急ぐ場合は書類を早めに揃え、提出する

次にそれぞれをもっと詳しく説明していきます。

1)内覧不可の物件が多いので、間取り、写真、立地でしっかり選ぶ

一般賃貸の場合、内覧して(事前に部屋を見て)から契約をしますが、マンスリーマンションの場合、入居状況に関係なく掲載しており、希望したタイミングで空室とは限らないため、多くの物件は内覧ができません。

ですから、不動産管理会社のホームページやポータルサイトでマンスリーマンションの間取りや写真をしっかりチェックし、部屋の大きさを確認したり部屋の明るさや雰囲気も一緒に把握したりするようにしましょう。

実際に内覧したり現地に赴かず物件を決める場合は、サイトの地図やGoogle Mapsなどを利用して、物件の近隣の様子もチェックしておくようにしましょう。それほど長い期間ではないかもしれませんが、少しでも落ち着いた居心地のいい部屋に住めるようしっかりと事前チェックをしましょう。

2)地域の不動産屋より専門サイトで探す方が早い

マンスリーマンションを取り扱っている不動産会社は限られているので、専門サイトで探した方が希望の物件を早く見つけられるでしょう。マンスリーマンションは内覧もほとんどできませんし、現地まで行く必要もないので、専門サイトでの物件探しが一番手間を省けて便利です。

3)付いている家具・家電を必ず確認する

マンスリーマンションは大半が家具・家電付きで、少ない荷物で入居してもすぐに生活を始めることができます。ベッドや机、椅子などの家具と、エアコン、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機などの家電製品が付いていて、生活に必要なものはだいたい揃っています(一部、洗濯機がない代わりにマンション内にコインランドリーを設置しているところもあります)。

ただし、物件によって付いている家具・家電は異なるので事前に必ず確認してください。例えば、部屋で勉強したり仕事をしたりする場合には、大きめの机やライトがあった方がいいですし、冷蔵庫の大きさやガスコンロの口数、洗濯機の設置場所、ドライヤーの有無など、ご自分の生活スタイルに合わせて調べておくことをおすすめします。事前に物件情報をチェックし、気になる点は不動産管理会社に問合わせるようにしましょう。

また布団がレンタルだったり、オプションとして洗剤やトイレットペーパーなどの生活用品を準備してもらえたりする物件もあります(布団や毛布等は、以前は付いているところも多かったのですが、最近では衛生上の問題もありレンタルするか、入居者に準備してもらうところも増えています)。食器も最低限は準備してあるところが多いですが、ない場合もあるため確認が必要です。

4)初期費用を必ず確認する

敷金、礼金、仲介手数料がかからないマンスリーマンションは、家具や家電を買う必要もないため、初期費用が少なくて済みます。しかし賃料以外にかかるお金もあるため、初期費用は必ず確認してください。特に賃料だけで物件を比較せずに、滞在期間にかかる費用のトータルを考えて選ぶようにしましょう。


〇初期費用としてかかるもの
 1) 賃料
 2) 水道光熱費(物件によっては、賃料に含まれる場合もあり)
 3) 清掃費(退去後の清掃)

〇他にかかる場合があるもの
 ・管理費・共益費・保険金・手数料
 ・鍵交換費用
 ・オプション費用(布団のレンタルなど)や生活用品の準備費用
 ・インターネット接続費(通常は賃料に含まれていることが多い)

不動産管理会社や物件によって、初期費用として払うものは異なります。また、一括で前払いをお願いされることが多いですが、滞在が1ヶ月を超えて長期になる場合は、賃料を分割払いできることもあります。支払い条件を確認して一括での支払いが難しいようでしたら、不動産管理会社にあらかじめ相談してみてください。

5)急ぐ場合は、書類を早めに揃え、提出する

マンスリーマンションは、一般賃貸のように契約のために不動産会社に出向く必要がありません。インターネットで物件の予約申し込みをしたら、不動産管理会社から契約に関する書類がメール、または郵送で送られてきます。

その契約書に記入し、身分証明書のコピー等を添付して、送り返す必要があります。身分証明書は顔写真付きのものしか認められない場合がほとんどです。また、契約者と入居者が異なる場合は両方の(場合によっては、学生証のコピーも)身分証明書、また、保証人が必要な物件は保証人の身分証明書も必要になります。それに加えてルームシェアをする場合には、入居者全員の身分証明書のコピーが必要になることが多いです。

急いで入居したい場合は、書類一式を早めに準備して手続きがスムーズに行えるようにしましょう。また、法人で契約する場合には会社概要が分かるものか登記簿謄本の写し、入居者全員の身分証明書のコピーが必要になるので事前に確認をしてください。

 【比較表付き】マンスリーマンションとは?費用や賃貸との違い、メリット・デメリット

マンスリーマンション探し方の手順

これまでにもお話をしたように、マンスリーマンションは専門ポータルサイトを使って探すのがおすすめです。ここでは、マンスリーマンションの専門サイトである「Weekly&Monthly」のポータルサイトを使って、探し方の手順を解説していきます。(こちらでは、ネットを使っての申し込みについて解説をしますが電話でも申し込むことができます。)
Weekly&Monthly

1)ポータルサイトで、条件を入れて探す

(こちらはスマートフォンを使っての検索の説明です。)
Weekly & Monthlyのポータルサイトでは、全国のウィークリーマンション、マンスリーマンションを紹介しています。住所(都道府県名や市区町村、駅名など)や沿線、地図、こだわり条件を入れて探すことができるので便利です。

まず、トップ画面から都道府県・市区町村や希望の駅、地域を入力します。

こちらでは「大手町」と入力して検索をしていますが、実際には大手町、東京駅周辺の物件がヒットします。また、トップ画面で東京を選択すると、東京のマンスリーマンションの住所、沿線、地図から探すこともできます。「住所から探す」、「地図から探す」場合は、区や市ごとにまとまっているので、希望の場所を選択します。

下は「地図から探す」で「千代田区」をクリックした場合です。

同じように「沿線から探す」で検索をすると、JRや私鉄、東京メトロ、都営地下鉄などの路線ごとに物件を探すことができます。こちらは通勤や通学、受験などで、利用したい電車があらかじめ決まっている場合には便利です。

また、希望の地域に物件が複数ある場合は、こだわりの条件でさらに絞り込むこともできます。

駅近、女性向け、ネット無料、Wi-Fiあり(固定回線の場合もあり)ペット可など、様々な条件を指定することで絞り込みが可能です。気になる物件をいくつかピックアップして比較してみましょう。

2)気に入った物件の確認

1)の作業で気に入った物件が見つかったら、間取りや条件、備え付けの家具・家電などを細かくチェックしていきます。内覧はできないことが多いですし、家具・家電が入った状態だと間取りを見て想像していた広さより部屋が狭く感じることもあります。写真から部屋の大きさ、雰囲気などを確認しておくようにしましょう。

Weekly & Monthlyのポータルサイトでは、備え付けの家具や家電、食器や生活用品まで詳細を確認できますし、地図で場所や駅までのアクセスも確認できます。そのため確認項目のチェック忘れが少なくなるのでおすすめです。また、賃料や清掃料などの費用についても、必ずチェックするようにしてください。

3)予約申し込み

条件を確認して納得できたら、その物件のページから予約申し込みをします。利用日程、氏名・法人名、メールアドレス、電話番号、利用人数を記入し送信すると予約の申し込みが完了します。(この段階では予約確定ではありませんのでご注意ください)

4)不動産管理会社からご連絡

予約の申し込みをすると、不動産管理会社からメールで物件情報や見積書などの連絡があります。金額を確認し、申込むことを決めたら不動産管理会社へ連絡してください。申込み確定の連絡を受け、不動産管理会社から請求書と契約書の案内があります。
不動産管理会社によって対応は違いますが、契約書はメールに添付されて自分でダウンロードする場合と、郵送で送られてくる場合があります。

5)申し込みの手続き

契約書に記入し、入居者全員の身分証明書のコピーと一緒に送り、初期費用としてかかるお金を振り込んだら手続き終了です。

6)入居までの手続き

不動産管理会社が申込書類と身分証明書をもとに簡単な審査を行い、入金確認と契約書の取り交わしが終わったら契約完了です。不動産会社から確認のメールが届き、入居前に部屋番号や設備利用の案内と鍵情報の連絡があります。

ポータルサイトにお気に入りの物件がなかったら?

ポータルサイトに気に入りの物件がないからと言って、諦めないでください。いい物件があっても、まだ掲載前という場合もあります。もしお気に入りの物件がなかったら、Weekly& Monthlyの物件リクエストのページから、希望条件をお伝えください。希望に近い物件が出てきたときに紹介してもらえます。物件によってはすぐに紹介してもらえる場合もあります。特に、希望入居日がだいぶ先の場合は、希望の条件だけでも登録してみましょう。

物件リクエスト

まとめ

マンスリーマンションの探し方についてご紹介してきました。いい物件に出会うためには、マンスリーマンションの専門サイトで写真や条件を丁寧に確認するのがコツです。特に初期費用は物件や不動産管理会社によって費用の条件が異なるので、必ず確認しましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket