About

ウィークリーマンションとは、一般的には、賃貸の住居を1週間単位で借りるサービスのことを指す場合が多く、旅館業法の改正や2018年に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)により、30日未満でも賃貸マンション・アパートを1日から貸し出すことが合法化となりました。
マンスリーマンションとの違いや、何泊から借りられるのか、契約から入居に至るまでの流れを初めての方にもわかりやすく解説します。

ウィークリーマンションとは

ウィークリーマンションと言っても、1日からの利用も可能です。設備などは賃貸マンションとほとんど違いがありません。契約はメールや郵送で簡単にでき、家具・家電付きなので、引越し準備の時間などもほとんどかかりません。
マンスリーマンションやホテとも比較しながら、契約の流れについて詳しく解説していきます。

マンスリーマンションとの違い

ウィークリーマンションは1日から、マンスリーマンションは30日から借りることができます。期間が長い方がお得な場合が多く、設備等にほとんど違いはありません。どちらも保証人が必要になる場合があり、不動産管理会社によって身分証明書(運転免許証・保険証・パスポート)や法人契約であれば会社の謄本が必要な場合もあります。
契約者・入居者にとっては、お部屋の家具家電などの設備、契約・入金などの流れ、鍵の受け渡し方法に関してはほとんど違いはありません。

一般的な料金システム

[賃料(1日)]×ご利用日数+清掃費

料金システムは、上のように1日分の賃料にお部屋の契約日数をかけたものに、退去時の清掃費を合わせたものが、滞在にかかる料金になります。敷金・礼金、仲介手数料はない場合がほとんどで、不動産管理会社によっては契約手数料や管理費がかかる場合もあります。
他にも、オプション料金を払えば洗剤や掃除用品など生活用品を準備してもらえたり、インターネット費用が無料だったり、賃料の中に光熱費が含まれるお部屋もあったりと、不動産管理会社によって様々です。

何泊から利用可能?

ウィークリーマンションというだけあって、1週間(7日)からの契約が中心ですが、週単位ではなく10日や1か月などの契約、中には1日単位で借りられるところもあります。法人などが出張や研修などで数ヶ月や1年単位で借りるなど、長期での滞在も可能で、滞在が長くなればなるほど賃料は安くなる傾向にあります。
また1週間単位での契約が可能なお部屋や、ホームページで1週間単位の料金しか掲載していないお部屋も、相談をすれば希望の滞在日数に対応してくれることが多いので、まずは不動産管理会社に相談してみるといいでしょう。

ホテルとどっちがお得なの?

ウィークリーマンションとホテルのそれぞれのメリット、デメリットを下にまとめております。料金的には長期になるとウィークリーマンションの方が得になることが多いですが、ホテルにはホテルのメリットもあります。料金以外の条件も照らし合わせながら、ご希望にあった方をお選びください。

  メリット デメリット 
ウィークリーマンション ・家具家電付きで、自炊や洗濯が可能 
・ホテルよりも割安で、広めの物件が多い 
・間取りもいろいろなタイプがある 
・ホテルのように、フロントを通らないで、知り合いを部屋によぶことができる 
・バス・トイレ別の物件もある ・滞在が長くなると、月単位で契約でき割安 
・ゴミ出しは自分でしないといけない 
・ホテルと比べると、少し駅から離れていることが多い
ホテル・掃除をしてもらえる
・インターネットや電話で簡単に予約可能
・アメニティ(石鹸、シャンプーなど)、トイレットペーパーなどが補充してもらえる 
・何かあったときには、フロントで対応可能 
・ホテルにレストランがついているか、ホテルの近くに、飲食店やコンビニがあることが多い、ホテル内に自動販売機がある 
・ビジネスコーナーなどがあり、プリンターなどが利用できる 
・連泊の予約が取りにくい場合がある
・長期になると割高
・洗濯は、コインランドリーやホテルのクリーニングサービス等を利用しなければならず割高 
・照明が暗い場合がある 
・バスとトイレが一緒の場合が多い 
・ビジネスホテルの場合、部屋が狭い 

価格比較参考例

東京大森駅(品川区)の物件とホテルで比較・シミュレーションしてみました。

 6泊7日(1週間)13泊14日(2週間) 20泊21日(3週間)28泊29日(4週間)
ウィークリーマンション 賃料:3,564円×7
光熱費:756円×7
保証料:50円×7
清掃料:16,200円
手数料:5,000円
合計:51,790円
賃料:3,564円×14
光熱費:756円×14
保証料:50円×14
清掃料:16,200円
手数料:5,000円
合計:82,380円
賃料:3,564円×21
光熱費:756円×21
保証料:50円×21
清掃料:16,200円
手数料:5,000円
合計:112,970円
賃料:3,564円×28
光熱費:756円×28
保証料:50円×28
清掃料:16,200円
手数料:5,000円
合計:143,560円
ホテル1泊:5,400円×6
合計:32,400円
1泊:5,400円×13
合計:70,200円
1泊:5,400円×20
合計:108,000円
1泊:5,400円×28
合計:151,200円

※2019年9月現在、Weekly&Monthlyで掲載されていた最安値の物件と、近隣のホテルでの参考例を算出しています。

契約から入居・退去の流れ

こちらでは、ウィークリーマンションの契約から入居・退去の一連の流れについて、説明していきます。
下の図をご覧ください。

①入居物件を探す

まずは、インターネットで希望の条件にあう入居物件を探します。インターネットの掲載情報には、家具・家電の設備内容や周辺環境、おすすめポイントや料金の細かい案内が書いてありますので、ウィークリーマンションを探す参考にするとよいでしょう。360°パノラマ動画で注意事項などが書いてありますので、調べる際には必ず目を通すようにしてください。メールでのお問合わせが難しい場合や、すぐに金額等を知りたい場合は、電話で直接問合わせをするとよいでしょう。

②空室状況を確認

Webサイトの問合わせフォームやメール、電話などで空室状況を確認します。なかなか希望の条件にあてはまる物件が見つからない場合は、電話で不動産管理会社に直接問い合わせて、希望の条件を伝えて探してもらったり、Weekly&Monthlyの物件リクエストから希望条件を伝えていただければ一括で問合わせも可能です。また、Weekly&Monthlyでは物件情報から空室カレンダーが表示され、空き状況を確認できる物件も多いので申し込みが簡単に行えます。

③申込手続きを行う

空室が見つかったら部屋を予約します。不動産管理会社によって手続き方法は少し異なりますが、本申込用のお客様専用申込フォームより、入居者情報や緊急連絡先などのお客様情報を入力していただき、本申し込みが完了します。その後、FAX、メール、郵送などで、定期借家契約書(建物一時使用契約書の場合もあり)と請求書が送られてきます。それぞれの身分証明書の写し等と共に返送します(法人の場合は、会社の登記簿謄本が必要な場合もあります)。直接、不動産管理会社の事務所に出向いて手続きをすることもできますが、一切来社しないで手続きをできるところがほとんどです。

④利用料金の支払い

申込み手続きの請求書が一緒に送られてくるので、クレジットカードや銀行振り込み、コンビニ支払いなどで、請求書の金額を支払います。
基本的には、全額一括前払いが基本となっておりますが、リピーターや審査によって分割払いにて対応してもらえる不動産管理会社もあります。

⑤鍵の受け渡し

入金の確認が取れ、契約書が交わされたのち、入居案内書と鍵の受け渡し方法の案内があります。不動産管理会社によって、鍵の受け渡し方法は様々ですが、入居当日にポストに鍵を入れたり、暗証番号で開く鍵やスマートロックを使用したりするなど、不動産管理会社へ訪れなくても鍵が受け取れるようにしてくれるところがほとんどです。申込みから入居までは少し余裕を持った方がいいですが、即日(当日予約)で対応してくれるところもあるので、お急ぎの場合はまずは相談してみてください。

⑥入居

入居し契約期間利用します。途中延長する場合は、不動産管理会社に連絡してください。入居途中に清掃のサービスがあるところもあります。
何か問題があれば、不動産管理会社へ連絡をします。万が一、入居中に火事や部屋を壊してしまうようなことがあれば、すぐに不動産管理会社へ連絡をしてください。入居者が入れる保険付きのお部屋もあるので、その場合は保険会社へ連絡を取ります。

⑦退去準備(ゴミの処分など)

荷物をまとめる、部屋のゴミを処分するなど、退去の準備をします。

⑧退去・鍵の返却

決まっている時間までに退去します。鍵はポストや部屋のどこかに置いておくなど、不動産管理会社の指示に従って返却します。退去後、電話などで不動産管理会社に退去した旨を伝えます。

⑨不動産管理会社による退去確認・清掃

入居者が退去した後、不動産管理会社が部屋や家具、備品の状況を確認し、部屋を清掃して次の人がいつでも借りられるようにします。

Important Point

ウィークリーマンションを契約する際には、いくつかの注意点があります。

家賃は事前に振り込む

ウィークリーマンションには敷金、礼金はありませんが、契約をした段階で、住む前に家賃や保証金を振り込まないといけません。不動産管理会社や契約期間によって、最初に振り込む金額は異なりますが、1週間から1か月ぐらいのところが多いので、事前にある程度の準備は必要です。

契約期間が終わる前に退去すると、返金されない場合もある

通常のマンションやアパートの賃貸契約の場合は、退去日に合わせて、家賃を日割りしてもらえることがほとんどです。ですが、ウィークリーマンションの場合、家賃が前払いということもあり契約期間が終わる前に退去してしまうと、返金されない場合があります。契約途中での退去が決まった場合は、早めに不動産管理会社に相談をするか、事前にキャンセルポリシーをしっかり確認しましょう。

契約途中に住む人数が増えたり、誰かを泊めたりする場合には、追加料金が取られる

居住者として契約した人数よりも、居住者の数が増える場合や、誰か知り合いを泊める場合は追加料金が発生する場合があります(宿泊はせず家に来るだけでは発生しません)。バレなければいいと思うかもしれませんが、相談なく他の人を泊めているのがわかった場合、契約違反として退去させられてしまうこともあるので注意が必要です。予定があればあらかじめ不動産管理会社に相談してください。

契約の延長をしたい場合に追加料金が取られることもある

契約の延長をする場合、決められている賃料や光熱費、清掃費以外に、清掃費が追加されたり、契約の延長のための手数料が取られたりすることがあります。次の契約が決まっている場合は延長ができないケースもありますので、延長の予定がある場合は事前に延長の可能性があることを伝えましょう。次の予約が入らないように調整してもらえる場合があります。延長の場合は、延長分の契約書を交わし、延長料金に関しては事前に請求書が送られてきますので延長前に振り込みが必要になります。これは各不動産管理会社によって対応が異なるので、契約時にしっかりと注意事項を読んでおくようにしましょう。

部屋を汚したり、備品を壊したりした場合は追加で清掃料金が取られることもある

清掃料はあらかじめ決められているか、家賃に含まれているのですが、部屋を汚したり、備品を壊したりした場合は、追加で清掃料金が取られる場合があるので注意が必要です。特にタバコを吸う人は気をつけてください。

契約の前に、注意事項を確認しておく

通常の賃貸マンションやアパートの契約とは違い、契約の際に不動産管理会社と顔を合わせることがなく手続きができるケースが多いので、注意事項は事前によく確認し、追加料金やキャンセル料など細かい条件は、契約の前に必ず目を通すようにしてください。

まとめ

ウィークリーマンションについて、お話ししてきました。1週間程度の滞在から、自宅のように便利に利用できるウィークリーマンションは短期の出張や通院、受験、転勤時の一時利用などにもおススメです。様々なタイプの部屋がありますので、きっとご要望にぴったりの部屋が見つかるでしょう。

ウィークリーマンションをご検討の方はこちらまで

Weekly&Monthly
家具家電付き・敷金礼金・仲介料無料多数!
家具・家電付きマンションに
期間を自由に選んで暮らすならWeekly&Monthlyへ

全国の家具付き、家電付きのマンスリーマンション検索・予約なら【ウィークリー&マンスリー】におまかせください!