About

敷金・礼金が無料で借りられる

『マンスリーマンション・ウィークリーマンション』とは、基本的には一ヶ月程度といった短期間の入居から利用できる家具付きの賃貸マンション・アパートの事を言います。
週単位・月単位の他、日割りで利用できるウィークリーマンション、マンスリーマンションが多数です。
最低契約日数が物件によって7日や30日等違いがあるので、詳しくは物件の管理会社へ問い合わせましょう。

長期の出張の際のビジネスホテル代わりにも利用出来ます。長期の出張となると宿泊費がお金がかさみますが、 ある程度のスパンが決まっている場合にはウィークリー・マンスリーマンションの方が割安な物件も多いでしょう。

一般的な賃貸契約との違いは、敷金と礼金が無料というところです。
入居期間として住宅としては短期間が多いために手軽に借りる事ができるできます。物件によって、入居に審査が必要な場合もあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

また、賃貸の場合は入居後に電気やガス・水道などを個別に手続きしなければなりませんが、ウィークリー・マンスリーの場合は、その心配もありません。
物件の管理会社が全て加入してくれているからです。

運営には、「専業型タイプ」「空室活用型タイプ」「ホテル型タイプ」といった3種類の形態があり特色が違います。

ウィクリーマンションを専門に扱うのが「専業型タイプ」。
不動産会社、空室になった物件をそのままマンスリーマンションとして活用しているのが「空室活用型」。
ビジネスホテルの雰囲気でコインランドリーなどの設備を整え、炊飯器などの貸し出しも行っているのが「ホテル型」です。

ビジネスホテルや宿泊施設との違い

他の宿泊施設・ビジネスホテルと違いは、賃料としてまとめて料金が発生することや、部屋の出入りもラフな服装でもよく、外出する際にいちいち鍵を預ける煩わしさもありません。
キッチン・お風呂・ベット・布団・机・テレビ・電子レンジ・調理器具などがお部屋に完備されていることが多く、カバンひとつで入居してもその日から自分の部屋として生活を行えるところも魅力です。
長期の出張や旅行も、外食ばかりでは体調も心配ですが、キッチンや調理器具が揃っていて自炊出来るところも人気のひとつです。

料金の計算方法や消費税の有無に注意

宅建業法に則って運営される場合と、旅館業法に則って運営されるタイプに分かれます。

宅建業法は、実数計算(15日間なら、1日費用×15日)が主となり、31日の月、30日の月、28日の月などを実数で計算する運営会社もあれば、 1ヶ月間をまたぐ契約であれば、そのまたいだ月は30日計算で固定する運営会社もあります。
旅館業法は、泊数計算(15日間なら、14泊)で計算される場合が主です。

また、消費税の有無の違いもあります。
賃貸物件の賃料に消費税が無いのと同等で、1ヶ月以上の契約の場合無税、1ヶ月以内の場合は課税が一般的です。

上記の計算方法は運営会社によって違いがあるので利用前に確認しましょう。

Price

Weekly&Monthly.comでご紹介するウィークリーマンション・マンスリーマンション・クォータリーマンションの料金体系は、運用する管理会社によって様々です。
ショートステイ・ミドルステイ・ロングステイなど、期間によって料金が異なる場合と月額・週額・日額で計算される場合がほとんどです。一般的には長く泊まるほど賃料・利用料は安くなります。

マンスリーマンション料金体系

光熱費

光熱費(電気・水道・ガス料金)は家賃に含まれておりませんので、別途費用がかかる物件がほとんどです。また、北海道は冬期間のみ暖房費が別途かかるので注意しましょう。

冬期暖房費

冬期にご入居される場合、冬期暖房費がかかります。

物件によって暖房費は様々ですのでご契約時によく確認するようにしましょう。
例)1日あたり432円

ハウスクリーニング料

ウィークリーマンション、マンスリーマンションをご利用された場合、退去時にクリーニングを致します。

ご利用期間中1回のみのご請求となります。クリーニング料金は利用期間と物件によって異なります。入居時に合わせて支払う場合が多いでしょう。

複数でのご入居の場合

複数名様でご入居の場合、追加料金がかかります。

追加料には賃料の他に、水道光熱費、布団代がかかる場合があります。いづれもマンスリーマンションによって異なりますので詳しくは物件の管理会社へ確認しましょう。

※管理会社・物件により多少異なる場合がございますので、詳細は各管理会社にお問い合わせください。

全国の家具付き、家電付きのマンスリーマンション検索・予約ならWeekly&Monthly.comにおまかせください!